推進体制

社会・環境推進体制

サステナビリティ委員会の社会・環境部会が社会・環境活動の推進主体です。ここに、学研ホールディングス代表取締役社長を最高責任者とする社会・環境マネジメントシステム(以下EMS)を構築しています(右組織図参照)。学研グループのEMSは環境活動だけにとどまらず、2014年からは社会貢献、品質向上についても取り組んでいるのが特徴です。
さらに2021年10月からは、グループ全社のSDGsの取り組みを一体化させた活動に進化させ、ISO14001の認証会社・事業所のみならず、グループ全社で社会・環境活動に積極的に取り組む体制となっています。