Top学研グループのCSR企業責任に向き合うコーポレート・ガバナンスと内部統制システム > 情報セキュリテイ

学研グループのCSR

企業責任に向き合う

コーポレート・ガバナンスと内部統制

学研ホールディングスでは、コーポレート・ガバナンスを経営上の重要な課題と位置づけています。中長期的な観点から、グループの企業価値を向上させるために、企業倫理と法令の遵守の精神に則り、透明で効率的な企業経営を目指しています。当社グループの中核事業である教育・出版・福祉関連事業は、良質な商品やサービスを、適正な対価で提供することを使命としており、社会的責任(CSR)を担っていると考えています。

■情報セキュリティ

学研グループでは、保有する情報資産および皆様よりお預かりする個人情報の管理と保護のために「情報セキュリティポリシー」を定め、その順守をすべての役職員に徹底しています。2015年7月に「マイナンバー取扱基本規程」などを、2016年7月に「学研グループ情報機器管理規程」などを制定(2016年10月1日から実施)し、2016年10月に「学研グループ情報セキュリティポリシー基本方針」などを全面改定しています。

また、2017年6月に「情報機器管理規程」「情報機器管理規程施行規則」「スマートフォン等利用規程」を見直し改訂しました。

学研グループでは情報セキュリティ対策を推進するために情報セキュリティ部会を設置、グループ各社から委員が参加して四半期に一度定例会を開催し、セキュリティ案件の審査や今後の取り組みについて討議しています。

また、情報セキュリティ全般についての理解を深めるために、毎年、新入社員研修やeラーニングシステムによる全社員研修を実施し、さらに実効性ある情報セキュリティ対策のため、個人情報保護・管理強化ガイドラインや、メールガイドラインを作成・周知するとともに、標的型メール訓練も定期的に実施しています。

学研グループでは今後も情報漏えいに対する意識向上と、情報セキュリティ対策の継続的な改善に取り組んでいきます。

情報セキュリティ対策を推進する構成要素

このページのトップにもどる

前の記事|次の記事

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR