Top学研グループのCSR企業責任に向き合うコーポレート・ガバナンスと内部統制システム > GRC研修

学研グループのCSR

企業責任に向き合う

コーポレート・ガバナンスと内部統制

学研ホールディングスでは、コーポレート・ガバナンスを経営上の重要な課題と位置づけています。中長期的な観点から、グループの企業価値を向上させるために、企業倫理と法令の遵守の精神に則り、透明で効率的な企業経営を目指しています。当社グループの中核事業である教育・出版・福祉関連事業は、良質な商品やサービスを、適正な対価で提供することを使命としており、社会的責任(CSR)を担っていると考えています。

■GRC(ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンス)研修

学研グループでは社員教育、意識啓発をCSR活動の基盤としてとらえており、グループ各社には「GRC担当取締役」を任命してグループ内連携を強化しています。社員教育では、インターネットを利用した「eラーニング」システムを2011年から導入し、ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスを主要テーマとした研修をグループ全社員を対象に実施しています。

おもな内容は、人権、環境活動、内部統制、製品安全、CSR、情報セキュリティ、コンプライアンス、リスク管理などです。各教材は、具体的な業務や事故の実例などを取り入れグループ内で独自に制作し、各社GRC担当取締役が受講の進捗・テスト結果などの学習管理を行い、全員の理解度を高めています。

また本システムを活用して、社員アンケートやコンプライアンス意識調査なども実施しています。

▲コンプライアンスについての研修画面の一例です

▲個人情報の管理についての研修画面の一例です。

▲最後に研修のまとめとして問題が出され、100点を採らないと受講終了となりません。


下請法への対応コンプライアンス経営推進の一策として

出出版事業での下請事業者との取引を適正かつ確実に行うため、「注文書」をWEB画面と電子メールを利用して交付・管理するシステムを導入し、下請法違反を未然に防ぐことを目的としています。このシステムは学研グループが独自に開発したもので、下請事業者の登録、「注文書」の電子交付、承認、保管とともに、許諾申請、管理も同時に行い、「注文書」の交付漏れや保管漏れ、許諾申請漏れなどの防止に役立っています。



このページのトップにもどる

前の記事

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR