Top学研グループのCSR事業を通して社会課題に向き合う > 【特集2】「学研版地域包括ケア」で社会に貢献

学研グループのCSR

事業を通して社会課題に向き合う

地域社会、そして世界の子どもたちへ

0歳の赤ちゃんから100歳超の高齢者を支える「学研版地域包括ケア」で社会に貢献

人生100年時代。学研グループは多世代が支え合いながら暮らし続ける街づくりと、生涯教育に取り組んでいます。

学研版地域包括ケアシステム

学研がグループ全体で推進している重要な取り組みのひとつが「学研版地域包括ケアシステム」です。

学研ココファンが展開する高齢者向け住宅を拠点とし、高齢者の住まい、介護・看護・障がい者福祉、子育て支援、医療・看護コンテンツ、教育サービス、人材養成など、学研グループのリソースを一体化し、地域の施設や団体、行政機関などと連携しながら、包括的に暮らしをサポートするシステムです。

子育て世帯には安心して子どもを預けられる環境を、子どもには良質な保育、そして学びと経験を、地域で働きたい人には専門性の高い知識とスキルを、高齢者には老後も安心して暮らし続けられるサポートや住まいを。

人生のどの段階においても、ひとりひとりが望む生き方を実現するためのサービスを提供しています。

拠点を中心に多世代のつながりが生まれ、人生の最期まで、自分らしい暮らしを続けられる。学研グループはそんな街づくりを進めています。

リカレント教育

これから、社会はますます変わっていきます。しかも、人生100年といわれる時代でもあります。そうしたなか、今後はますます、ひとりひとりが学びと就労を往復できるようになることを求められるようになります。そんな「リカレント教育」をサポートするため、学研グループはさまざまな取り組みを行っています。

学研アカデミー

学研版地域包括ケアシステムの取り組みのひとつで、「資格取得による地域での就労」をサポートするのが「学研アカデミー」です。介護職の資格を取得できる「介護士養成コース」と、保育士の資格を取得できる「保育士養成コース」を設け、地域の中で働くことを望む人の就労を支援しています。社会人が受講しやすいカリキュラムとなっており、就労支援だけではなく、リカレント教育の機能も果たしています。

ジェイスティックマネジメントセンター(JMC)

階層別研修、テーマ別研修など、さまざまな研修を行い、企業の実務と直結した実践に役立つ教育コンテンツを展開しています。しかも、技術・知識の習得にとどまらず、企業や組織の成長に大きく貢献する教育にも力を入れています。
また、新技術に対応した教育コンテンツ開発や、時代の流れを反映した教育を展開しています。多くの人が生涯学び続けることができる場を提供していきます。

このページのトップにもどる

前の記事

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR