Top学研グループのCSR事業を通して社会課題に向き合う【報告】 社会的に評価を受けた学研グループの商品

学研グループのCSR

事業を通して社会課題に向き合う

東南アジアのグローバル展開を加速

社会的に評価を受けた学研グループの商品

学研グループのビジョンである「ずっと、いっしょに"まなび"をたのしく! ワクワク☆ドキドキ創造企業」を体現した商品群が、各方面で高い評価を受けています。その一部をご紹介します。

■「ビジュアルナーシングメソッド」がeラーニングアワードで史上初のダブル受賞


▲技術到達度チェックに利用できる看護手順書とわかりやすい技術動画&ニーズに応える管理機能が大活躍。

病院の看護手順標準化と、看護師ひとりひとりの技術力向上、その双方を支える学研メディカルサポートの「ビジュアルナーシングメソッド」が、eラーニングに関する革新的な技術、コンテンツ、導入事例を顕彰する第14回日本eラーニングアワードで、「日本電子出版協会会長賞」と「医療系eラーニング全国交流会会長賞」の史上初ダブル受賞を果たしました。毎月の受講者数1万人以上という実績と、聖路加国際病院看護部の指導による専門性、そして単なる教材ではなく臨床の「欲しい」を実現したサービス設計が評価されました。今後も小児看護、在宅看護など社会ニーズを反映した内容を拡充し、医療看護水準の向上に寄与できるサービスを目指します。

■「医書.jp」がJEPA大賞を受賞

学研メディカル秀潤社が運営に参画している医書ジェーピー株式会社の書籍・雑誌の電子配信サービス「医書.jp」が、「第10回JEPA電子出版アワード」大賞に選ばれました。本賞は、一般社団法人日本電子出版協会(JEPA)が電子出版物の育成と普及を目的として、毎年選考しています。「医書.jp」では、医療関係者のニーズに応えるため、2016年6月より共通プラットフォームで電子コンテンツの配信を開始しました。現在は、17社約3,600点のコンテンツを配信しています。今後は、大学や病院などの施設へのコンテンツ提供も進めていく予定で、日本の医療水準の向上に貢献していきます。


▲JEPA電子出版大賞を受賞した「医書.jp」(https://store.isho.jp)。


▲授賞式のようす。出版社の垣根を越えた取り組みが評価されました。


■認定こども園「すみれものがたり」が園舎設計でキッズデザイン賞を受賞


▲キッズデザイン賞、受賞のロゴ。

保育園からの認定こども園化に伴う園舎設計で「すみれものがたり」がキッズデザイン賞を受賞しました。設計したのは学研教育みらい一級建築士事務所。4年連続の受賞です。「絵本は、感情や想像力といった内面の豊さを育む」という園の理念をもとに、子どもたちが生活の中で自然と絵本に触れ合える環境づくりを行いました。貸し出しカウンターを設けた本格的な図書館を吹き抜けの中心に据え、日常動線の中で自然に本を意識させるとともに、読み聞かせのステージやあなぐら空間を設けるなどの工夫を施しました。これにより、子どもたちは疑問や関心を見つけると、自発的に「図書館」へ行き、知識を深めるようになりました。園の理念を空間的に具現化し、子どもたちの自発性や創造性を育む環境づくりができました。


▲図書館「ものがたりの森」。子どもたちは自発的に図書館へ通う習慣がつきました。


▲認定子ども園「すみれものがたり」。絵本を開いたような園舎の外観。


このページのトップにもどる

前の記事

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR