Top学研グループのCSR事業を通して社会課題に向き合う > 【特集1】次世代教育

学研グループのCSR

事業を通して社会課題に向き合う

地域社会、そして世界の子どもたちへ

教育格差の解消と教育弱者のサポートを目指して 学研教育アイ・シー・ティーの取り組み

学研グループは21世紀を担う人材を育てるため、さまざまな教育に取り組んでいます。

TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)
体験を通して身につけるグローバルなコミュニケーション能力

▲ディスカッションプログラムを行うブース。英語で社会問題や環境問題を話し合い、考えをまとめ、プレゼンテーションを行います。

▲プロ仕様のテレビスタジオ機能を備えたブース。ニュース番組の記事を英語で制作し、キャスターやレポーターになって実際に演じます。


▲一日数百人の来場者を迎えるエントランスは空港をイメージしたデザイン。館内に入った瞬間から、英語が飛び交う「非日常的な世界」。

▲海外の街を再現したエリアで日常英会話の実践体験。TGGの多様な外国人スタッフが、ひとりひとりの英語の発話をアシストします。

今、英語教育に求められている大きなテーマのひとつに「話す英語力」があります。これからのグローバル社会を生き抜くためには、世界の人々とどんどんコミュニケーションを取り、自分の意見を言い、協力して作業をすることが求められます。そのときの会話は「英語」です。
2018年9月に開業した「TOKYO GLOBAL GATEWAY」は、「話す英語力」を磨くことに特化した、今までにない革新的な体験型英語学習施設です。
館内は英語オンリー。一歩足を踏み入れた瞬間から英語が飛び交う非日常的な世界が広がります。来場者は、TGGの外国人スタッフとともに、半日~一日を過ごし、濃密な英語コミュニケーションを楽しみます。外国人スタッフは30か国以上から集まっており、まさにグローバル。「自分の英語が通じた」「外国の人の言うことがわかった」「もっといろいろな国の人たちと仲良くなりたい」……TGGは、英語を話すことの楽しさと、英語を使うことでの可能性を体感していただき、将来のグローバル人材を育成してまいります。

STEAM教育
創造的で実践的な人材を育成する。

▲Gakken Tech Programの教室でPCに向かう小学生。2人に1人程度のサポート講師がつくので、初心者でも安心して取り組めます。

STEAMは、Science、Technology、Engineering、Arts、Mathematicsの頭文字。これらの考え方や能力を有機的なつながりでとらえ、身につけていくことが、21世紀社会を生き抜くための学び、「STEAM教育」です。

学研のSTEAM教育は、学研プラスのSTEAM事業室が中心となって「科学と学習」から培ってきたコンテンツにプログラミング、科学館という場、イベントなどのサービスを統合し、次世代育成を目指し取り組んでいます。

新学習指導要領でSTEAM教育の柱として注目される「プログラミング」。学研の「Gakken Tech Program」では、幼児から中学生まで利用できるカリキュラムを開発し、さまざまなアプローチのプログラミング教育を進めています。

魅力あるSTEAM教材・サービスの提供により、自ら学ぶ21世紀型の人材育成を牽引することで、社会貢献をしていきます。


▲板橋区立教育科学館でのワークショップの様子。実際に手を動かして夢中でものを作ることで五感がフル稼働。失敗することもSTEAM教育の中での大事な学びです。

▲子どもから大人まで幅広く支持される「スクラッチアート」。STEAM教育の「Arts」は、科学へのハードルを下げるとともに創造力を育み、さらに先を目指すモチベーションとなります。


次世代を育てるための小中学生向け教科書

■ 道徳の教科書

プラス思考・未来志向を培う
学研の道徳副読本には、50年を超える長い歴史があります。教科化に際し、プラス思考と未来志向を備えた児童生徒の育成を目指して、読みたくなる、考えたくなる、話し合いたくなる教科書づくりに取り組んでいます。


■ 保健体育の教科書

生きる力、自ら学び自ら考える力を育てる
時代の推移とともに発生するさまざまな健康課題に対応し、健康・安全についての基礎知識の習得と活用、探究に重点を置き、自他の健康課題を把握し、改善していく資質や能力を育てることを目指して編集しています。


このページのトップにもどる

次の記事

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 平成30年7月豪雨復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR