生物多様性

考え方

1.経営者の責務

持続可能な社会の実現に向け、自然の営みと事業活動とが調和した経営を志す

2.グローバルの視点

生物多様性の危機に対して、グローバルな視点を持って行動する

3.自主的取り組み

生物多様性に資する行動に自発的かつ着実に取り組む

4.環境統合型経営

環境統合型経営を推進する

5.自然資本を活かした地域の創生

自然への畏敬の念を持ち、自然資本を活用した地域の創生に貢献する

6.パートナーシップ

国内外の関係組織と連携・協働する

7.環境教育・人財育成

生物多様性を育む社会づくりに向け、環境教育・人財育成に率先して取り組む

生物多様性民間参画パートナーシップに参加

学研グループでは、生物多様性民間参画パートナーシップに参加して、経団連生物多様性宣言・行動指針に基づく取り組みを進めています。

+ もっと見る