Topニュース > 学研カードによる国際支援第二弾、タイ小学校建設プロジェクト10月進捗状況についてのお知らせ

ニュース・お知らせ

ニュース

学研カードによる国際支援第二弾、タイ小学校建設プロジェクト10月進捗状況についてのお知らせ

2009年11月05日

1.プロジェクト進捗

オリコとの提携による社会貢献型クレジットカード「学研教室カード、学研教室プレミアカード、学研ファミリーカード」(以下学研カード)のご利用金額の一部を財団法人日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン)へ寄付し、この寄付金による国際支援として学校建設プロジェクトが2008年から始まりました。

第一弾として、2008年2月にフィリピンのマスバテ州のピナマングカーン小学校に校舎を建設しました。

このたび、さらなる学研カード会員さまからのあたたかいご支援のもと、第二弾として、タイ最北部にあるチェンライ県の山岳地帯に位置するバン・フアイマヒンフォン学校に新しい校舎を建設することとなりました。

2009年10月10日現在まで以下の活動を行いましたので、ご報告します。

プロジェクトの準備

プロジェクト開始にあたり、バン・フアイマヒンフォン学校ではプロジェクトを円滑推進するため、教師や地域のリーダー、学校関係者からメンバーを選出し、プロジェクト委員会を設立しました。この委員会は、プロジェクトの計画、実施、評価といったすべての段階で、中心的な役割を担います。

  • プロジェクト委員会は、新校舎の設計や建築計画について話し合いを行いました。また、建設計画の立案には、自治体の土木技師の協力を得ることを決定しました。
  • プロジェクト委員会が、教師や子どもたちにプロジェクトの説明を行い、プロジェクトに関わる人々の理解を深めました。
  • プロジェクト委員会は、教育省への申請手続き、また見積もり作成や入札公示などに必要な書類の作成を開始しました。
今後の活動予定

プロジェクト委員会は、引き続きプロジェクト内容や目的、見積もり予算、設計図など、必要となる書類の作成を行います。その後、入札を行い、業者を決定後、建設工事を開始します。

2.プロジェクトの写真

 

保護者をはじめとする地域の人々に、プロジェクトの内容や、プロジェクトをどのように進めていくかを説明しました。

 

教師や地域の人々からなるプロジェクト委員会メンバーとプラン職員が、プロジェクトの計画について話し合いました。

 

バン・ファイマヒンフォン学校の子どもたちにもプロジェクトの説明を行いました。

(写真提供:プラン・ジャパン)

  • 熊本震災復興支援学研グループの取り組み
  • 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR