Top学研グループのCSR責任ある企業行動責任ある調達への取り組み > 学研プロダクツサポートの取り組み

学研グループのCSR

責任ある企業行動

責任ある調達への取り組み

出版社を中心とする企業グループの社会的責任として、
グループ全体で環境配慮製作、環境配慮調達に取り組んでいます。

■学研プロダクツサポートの取り組み

学研グループの資材調達を担う学研プロダクツサポートは、「出版社としての社会的責任」を果たすため、出版物を中心とした商品製作・調達において、環境配慮に努めています。

印刷用紙の調達における環境配慮

学研グループでは「印刷用紙調達方針(2007年3月制定)」に基づき、「履歴が明らかで適正な材料から作られた紙」を「環境に配慮しているメーカー」から調達しています。

学研グループは「履歴が明らかで適正な材料から作られた紙」の調達をしています。

  • 合法性が確立されている木材から作られた紙
  • 持続可能な管理を行っている森林の木材から作られた紙
  • 間伐材・端材など未利用材から作られた紙
  • 回収されたリサイクル資源(古紙)から作られた紙

学研グループは「環境に配慮しているメーカー」から紙を調達します。

  • 社会・環境マネジメントシステムの構築など、環境に配慮した事業活動をしているメーカー
  • 安全性に配慮して化学物質を使用しているメーカー
  • 無塩素漂白処理での製紙の推進に取り組んでいるメーカー

植物油インキ・LC加工・PUR糊の取り組み

再生産可能な大豆油、亜麻仁油、桐油、ヤシ油、パーム油等植物由来の油、及びそれらを主成分とした廃食用油等をリサイクルした再生油を使用した「植物油」インキでの印刷を推進しています。

また、古紙リサイクルに支障をきたす、フィルムを使用しないLC(ラミコート)加工と、リサイクル時にほぼ100%除去可能なPUR糊の使用にも取り組んでいます。

LC加工は、フィルムを使わない表面光沢加工で古紙リサイクル時にフィルムが混入することがなく、リサイクル適正に優れた表面光沢加工です。従来、表面光沢加工はPP(ポリプロピレン)フィルムを貼り付けるラミネート加工方式が主流でしたが、古紙リサイクルに際してパルプにフィルムが混入するためリサイクルに支障がありました。一方、LC加工は、光沢材を塗布したフィルムから、紙への転写式のため、古紙リサイクル時にフィルムが混入することがありません。

PUR糊は、古紙リサイクル工程でほぼ100%除去されるので、再生された紙に残って斑点になるなどの問題がなく、古紙の品質が向上します。古紙の循環的な使用を容易にし、再生の促進につながっていきます。古紙リサイクルに最適な環境配慮型の糊です。

反応性ポリウレタン(Poly Urethane Reactive)の略称

このページのトップにもどる

次の記事

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR