Top学研グループのCSR事業を通して社会課題に向き合う > 多世代で育む豊かな社会を目指して

学研グループのCSR

事業を通して社会課題に向き合う

多世代で育む豊かな社会を目指して

多世代で育む豊かな社会を目指して 学研ココファングループの新たな取り組み

安倍政権の新三本の矢にも組み込まれている、日本が直面する介護と子育て支援の課題。学研ココファングループは高齢者から乳幼児まで介護と保育の相互交流を図り、新しく優れたケア・サービスの提供に日々努めています。これからも学研ココファングループの理念である多世代が豊かに生きる社会実現を目指します。

■ 高齢者住宅の全国展開を加速。 設立独自の拠点型サ高住を推進(ココファン)

高齢者福祉事業を担う学研ココファンは、承継物件を含め2015年は7棟のサービス付き高齢者向け住宅(以下「サ高住」)を開業しました。これまで未進出であった愛媛県・岡山県・石川県にも施設をオープンしました。

また、数だけではなく質の面でも充実を図り、高齢世帯と子育て世帯が共生するという新たなコンセプトのサ高住「ココファン横浜鶴見」を2015年4月に開業。「すべての人が心ゆたかに生きる」という理念に基づき、多世代が豊かに暮らす街の拠点となる、当グループならではの複合型の物件も手掛けています。

今後も全国展開を見据え、さらに良質な高齢者住宅・介護サービスを展開していきます。


▲ 北陸初進出となる承継物件「ココファン金沢鞍月」


▲ 2016年9月開業予定の神奈川県藤沢サスティナブルスマートタウン内の拠点型サ高住。介護・医療・保育・教育などのさまざまな多世代地域向けサービスを提供

■ 学研ならではの養育と教育による 一貫した子育て支援(ココファン・ナーサリー)

子育て支援事業を担う学研ココファン・ナーサリーは、2015年に新たに10園の保育所を開園しました。 また、学研グループ内より学童保育事業を承継し、乳幼児から小学児童まで一貫して子育て世帯を支援しています。 2015年度はこれまでの養育と教育の一体保育をさらに充実させる取り組みを行いました。学研グループの強みを活かし、絵本や図鑑といった教材や保育のプログラムをさらに充実させています。 この他にも、学研ココファンの運営する高齢者住宅・介護施設との連携による多世代交流に力を入れ、子どもの社会性の発達を支援することに取り組んでいます。 今後も学研グループの理念の実現に向けて事業推進を行ってまいります。


▲ 2015年オープンした「ココファン・ナーサリー桃井」


▲ 2015年オープンした「ココファン・ナーサリー川崎大師」

■ 学研ココファン・ナーシング設立

今後、高齢者向け住宅が増えていく中で、課題となるのが在宅での医療対応です。学研ココファングループは、訪問看護の推進・充実を図ることで、地域包括ケアの推進、ひいては社会保障費抑制につながると考え、新会社「学研ココファン・ナーシング」を設立しました。

設立にあたっては、24時間対応の在宅医療ネットワークを提供する医療法人社団悠翔会グループと資本提携を行い介護と看護・医療のシームレスな連携を構築します。

これにより、サ高住での看取り対応・重度化対応をこれまで以上に強化し、多様化する高齢者のニーズに応えてまいります。

学研ココファン・ナーシング会社概要

会社名:
株式会社 学研ココファン・ナーシング
代表者名:
代表取締役社長 五郎丸 徹
所在地:
〒141-8420 東京都品川区西五反田二丁目11番8号
Tel.03-6431-1860  Fax.03-6431-1864
資本金:
30,000,000円
設立:
平成27年10月1日
事業内容:
介護予防訪問看護及び訪問看護事業の企画・運営

このページのトップにもどる

  • 熊本震災復興支援学研グループの取り組み
  • 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR