Top学研グループのCSRニュース > 学研カードで国際貢献「パキスタンにおける女子教育支援プロジェクト」進捗報告

学研グループのCSR

ニュース

学研カードで国際貢献「パキスタンにおける女子教育支援プロジェクト」進捗報告

2015年08月28日

 

学研グループでは、国際NGOプラン・ジャパンを通じて、途上国の子どもの教育環境整備に毎年取り組んでいます。2015年1月からは、「パキスタンにおける女子教育支援プロジェクト」を支援しています。そのプロジェクトの進捗状況について、報告いたします。

●プロジェクトの目的・概要・背景・期待される成果
プロジェクトの目的・概要・背景・期待される成果等に関しては、「プロジェクト開始のお知らせ」のページをご覧ください。
●プロジェクトの進捗状況(2015年7月の時点)
2014年11月、新聞で建設業者の入札広告の掲載を行い、プランの建設ガイドライン基準を満たしている2業者を選び、入札会を開催して建設業者を決定しました。
<プロジェクトの準備>
プロジェクトは2014年11月に開始して以来、順調に進捗しています。2015年6月までに、下記の活動を実施してきました。
2014年末より、プランは、シンド州教育省とプロジェクトの目的、活動内容、予算、実施方法、期待される成果、役割分担などについて協議を重ねました。
2015年4月、シンド州教育省にプロジェクトの実施要領についての了承をいただき、同省の主導で各パートナー団体と連携しながら、プロジェクトを推進する覚書を締結しました。
<子ども評議会、学校管理委員会の設置>
2015年4月、小学校に女の子11人から編成される子ども評議会を設置しました。女の子たちは本プロジェクトに積極的に参加し、自分たち自身で防災対策を推進していきます。
また、教師や地域開発委員会メンバーなど、5人で構成された学校管理委員会を設立しました。校舎建設の進捗管理や地域住民との連携等、プロジェクトを円滑に推進していきます。
<建設工事>
2015年6月、校舎、教職員室、トイレ建設、築堤設置のための整地と基礎工事が始まり、同月中に完了しました。7月からは建設作業が本格化していきます。
●今後の予定
・校舎、教職員室、トイレ建設、給水設備や築堤の設置
・屋外遊具や教室備品の調達
・太陽光発電設備の設置と維持管理トレーニング
・学校防災計画の策定、防災トレーニング、防災訓練 など
<完了予定>
本プロジェクトは、2015年11月に落成式を行い、完了する予定です。完了した際には同様に、ホームページを通じてみなさまにご報告させてもらいます。

校舎建設場所について協議する地域住民と学校管理委員会メンバー

地域の母親たちに、校舎完成後に娘を入学させるよう、学校管理委員会が働きかけます。

「全校の代表として私たち自身のアイデアでプロジェクトを進めて行くことができるので、とてもやりがいを感じています」 (子ども評議会メンバー)

「学校には教室が1つしかないため、娘たちは屋外で勉強しなければならず不憫に思っていましたが、プロジェクトのおかげで問題が解決されます。我々は、これから学校管理委員会の活動を支えて行きます」 (保護者)

●現地の声

「丈夫な校舎ができれば、私たちは安全です。授業も安心して受けられます」
(ラビール/小学4年生)

「学校に屋外遊具とトイレが設置され、衛生的な水も飲めるようになると聞きました。今からとても楽しみです」
(リダ/小学3年生)

パキスタンは、2014年に最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの出身国です。パキスタンの女学校の校舎建設を支援することは、マララさんが主張する「女子教育の推進」を支援するものと考えています。

■「わたしはマララ」

定価:1600円(税別)

ISBNコード:978-4-05-405846-0

発売日:2013年12月3日

発行:学研パブリッシング

わたしはマララ

学研ホールディングス CSR推進室
(写真提供:プラン・ジャパン)

ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR