Top学研グループのCSRニュース > 学研ビルの食堂で「TABLE FOR TWOプログラム」が1万食を達成

学研グループのCSR

ニュース

学研ビルの食堂で「TABLE FOR TWOプログラム」が1万食を達成

2015年02月20日

学研グループでは、2011年1月より、学研ビル13階の食堂において、「 TABLE FOR TWOプログラム」に参加しておりましたが、2014年12月にその注文累計数が10,000食に達しましたのでお知らせします。

「TABLE FOR TWOプログラム」とは、食堂の対象メニュー「TFTヘルシーメニュー」の代金の一部を特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalを通じて、アフリカの子どもたちの学校給食に寄付する活動です。「TFTメニュー」を1食注文するごとに、その売上げ代金のうち20円分が寄付金となり、アフリカの子どもたちに提供される給食1食となります。ヘルシーな「TFT メニュー」を注文することで、先進国で働く人は食生活の改善が図れるとともに、途上国の子どもたちの食糧不足の解消に、貢献することができます。
「TABLE FOR TWO」という名称には、「先進国の私たちと途上国の子どもたちが、ひとつの食卓を二人で分かち合う」という意味が込められています。

学研ビル13階の食堂では、毎週火曜日を「TFTデー」とし、「TFTヘルシーメニュー」を提供してきました。このたび、その累計数が10,000食に達したこととなり、10,000人を超える子どもたちに10,000食超の学校給食を届けることができました。学校給食は、子ども達の貴重な栄養源であると同時に、教育機会の提供にもつながっています。給食を食べ、勉強をし、未来を自分の手で切り開くための知識をつけることができると考えています。
「教育」や「食」に関する事業を手がける当社グループにとって、「TABLE FOR TWOプログラム」への参加は、社員参加による社会貢献活動として、今後もこの取り組みを進展させ、持続可能な社会の発展に努めてまいります。

TABLE  FOR  TWOの詳細については下記サイトをご覧ください。
http://jp.tablefor2.org/
特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalへの寄付金は、東アフリカのウガンダ、ルワンダ、マラウイ、エチオピア等の途上国の給食提供に使われます。


1万食達成記念のありがとうイベントを行いました。
チラシを作成し、クッキーをつけて配布しました。


1万食達成のお知らせ用チラシのデザイン


2/3には、ありがとうイベントとして「福豆」を配布しました

  • 熊本震災復興支援学研グループの取り組み
  • 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR