Top学研グループのCSR地球環境に向き合う > ほたるキャンペーン

学研グループのCSR

地球環境に向き合う

ほたるキャンペーン

「ほたるキャンペーン」は、2016年で20回目を迎え、累計参加者数※は、12万人を超えました。 全国の子どもから大人まで、多くの参加者の協力を得て、ほたるの生息状況を調べています。

2016みんなでつくったにっぽんほたるちず

ほたる写真提供:大場信義・小原玲

ほたるの観察を通して環境問題を考える

ほたるは、かつて夏の風物詩といわれたように、本来、人里で見られる身近な昆虫です。今でも、すみやすい環境条件(繁殖場所・暗さ・静かさなど)が整っていれば、都会の片隅でも、自生したほたるを観賞できます。

ほたるキャンペーンをきっかけに、ほたるを見たという人たちからは、「身近にいて感動した」「ほたるがすめる環境を大切にしたい」という声が、また、見たことがないという人たちからは、「環境をよくして見られるようにしたい」という声が、毎年寄せられています。

20周年の節目を迎える2017年は、より多くの人に関心を持って参加してもらえるよう、ほたるレポートとともに、ほたる川柳を募集します。 "継続は力!"ということで、ほたるのすめるきれいな地球を守るために、これからも「ほたるキャンペーン」を継続してまいります。

 

ほたるキャンペーンの流れ

5月 「学研ほたるネット」で、生息調査の募集スタート(インターネット、はがき)
6月  月刊保育絵本・保育月刊誌にて、「ほたるキャンペーン」告知はがき募集スタート
9月 「学研ほたるネット」からの募集終了(はがきは12月まで受付)
翌年2月  月刊保育絵本付録ポスターにて、「全国ほたる生息分布地図」を公表
「学研ほたるネット」で、ほたる生息分布地図の「全国版」「都道府県版」を公表

「学研ほたるネット」から参加もできます!

ほたるキャンペーンの公式ホームページ「学研ほたるネット」では、毎年5月1日から9月30日まで、生息調査アンケートの募集を行っています。スタート年からの全調査結果を年ごとに、全国版、都道府県別に発表しているほか、はがきに描かれた子どもたちのほたるの絵も掲載しています。日本で見られるほたるの図鑑、観察するためのヒントなど、ほたる観察、研究に役立つ情報も盛りだくさんです。

 

「学研ほたるネット」 http://kids.gakken.co.jp/hotaru/

このページのトップにもどる

前の記事

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR