Top学研グループのCSR企業市民としての責任 > 財団・研究機関との協働

学研グループのCSR

企業市民としての責任

財団・研究機関との協働

学研グループでは、3つの財団と協働し、母子家庭の高校生への奨学金給与や、子どもたちの才能の伸長や開花を支援する活動、さらに復興支援、国民の体力維持向上のための活動を行っています。今後も企業市民の一員としての責任を果たすさらなる努力を続けて行きます。

公益財団法人 才能開発教育研究財団

昭和42年8月24日、学研の出捐により設立、文部省(現文部科学省)より認可(文部科学省初等中等教育局教育企画課)。「すべての人間の、それぞれの才能を発見し、伸長させ、開花させることは、近代社会の最も緊要な課題であり、民主教育の責務」との理念を標榜し、多様な活動を続けています。平成23年4月1日、内閣府の所管として公益財団法人となり今に至っています。

全国児童才能開発コンテスト(才コン)
昭和38年に顕彰事業としてスタートしました。図画・作文・科学の3部門で作品を募集し、小学生の文化的科学的才能の育成を目的とし、最優秀作品には文部科学大臣賞が授与され、優秀作品にはさまざまな賞を贈呈し、広く顕彰しています。


▲第51 回才コン表彰式


▲科学本審査会風景

教育工学研究協議会 IMETS(アイメッツ)
小中教員を主とする教育関係者を対象として、実践的な教育技術の紹介、教員支援を目的とする講演研修会を企画・主催しています。また、教育委員会の教員研修の支援や教員免許状更新講習の実施なども文部科学省より認定を受け行っています。


▲IMETS中央研修会のようす


▲ ICTを活用した授業づくりを体験

日本モンテッソーリ教育綜合研究所
日本モンテッソーリ教育綜合研究所は、昭和51年「教師養成センター」として設立しました。モンテッソーリ教育の考え方とその方法を柱として研究を進め、その成果を広く日本の教育界に広めて行く事を目的として活動しています。主に①教師養成通信教育講座(通信教育)②実践研修室(一般向け入門研修会)③幼児教育の実践運営(幼児教育施設・附属『子どもの家』)④モンテッソーリ教育関連図書の翻訳出版・斡旋図書の販売、海外のモンテッソーリ教育視察旅行企画及び講演活動ほかを行っています。モンテッソーリ・アジア大会への協力や国内外の見学者の受け入れなどを積極的に実施しています。


▲ 熱心に実技に取り組む通信教育の受講生


▲ 2歳半から就学前の幼児が通園している附属『子どもの家』のようす

被災地支援5年目もNPOと連携して活動を継続
今年もNPO法人日本教育再興連盟(ROJE)と連携して、5年目の支援活動を行いました。福島県飯舘村の小学生20名を8月18日から2泊3日で東京に招き、ROJEの大学生たちと社会勉強を共に行い、将来へ向けて職業観を育みました。さらに、事前事後の飯舘村での研修を追加したことで職業意識の定着を図り、より持続的な活動となり、将来の福島県を背負って立つ気構えを醸成できました。


▲ 上野動物園でお仕事見学をする子どもたち


▲ 最終日、全員で「つぼみ」の手形でハイポーズ

このページのトップにもどる

  • 熊本震災復興支援学研グループの取り組み
  • 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR