Top学研グループのCSR企業市民としての責任 > 財団・研究機関との協働

学研グループのCSR

企業市民としての責任

財団・研究機関との協働

学研グループでは、3つの財団と2つの研究機関と協働し、母子家庭の高校生への奨学金給与や、子どもたちの才能の伸長や開花を支援する活動、さらに復興支援、国民の体力維持向上の活動、学習・教育にかかわる研究を行っています。今後も企業市民の一員としての責任を果たすよう、さらなる努力を続けていきます。

■公益財団法人 才能開発教育研究財団

才能開発研究財団は、昭和42年8月24日、学研の出捐により設立し、文部省(現文部科学省)より認可。「すべての人間の、それぞれの才能を発見し、伸長させ、開花させることは、近代社会の最も緊要な課題であり、民主教育の責務」との理念を標榜し、多様な活動を続けています。平成23年4月1日、内閣府の所管として公益財団法人となり今に至っています。

全国児童才能開発コンテスト(才コン)

昭和38年に顕彰事業としてスタートしました。図画・作文・科学の3部門で作品を募集し、小学生の文化的科学的才能の育成を目的とし、最優秀作品には文部科学大臣賞が授与され、優秀作品にはさまざまな賞を贈呈し、広く顕彰しています。


▲第52回図画本審査会風景


▲第52回才コン表彰式

教育工学研究協議会 IMETS(アイメッツ)

IMETSでは、小・中学校教員を主とする教育関係者を対象として、教育の最新事情やICTを活かした実践的な教育技術の紹介を目的とする講演・研修会「教育工学研修中央セミナー(IMETSフォーラム)」を企画、主催しています。また、教育委員会の教員研修の支援や教員免許状更新講習の開設なども行っております。

教員免許状更新講習
  ~eラーニング講習を新規開設~

 文部科学省より認定を受け、教員免許状更新講習を実施しています。平成28年度より新たにeラーニング講習を開設しました。

 

1,対面講習
平成28年度は、仙台・東京・大阪・神戸で26回の対面講習を開講し、延べ1000名以上の教員の方が受講しました。

2,eラーニング講習
平成28年7月1日より、新たにeラーニング講習を開設しました。これにより、離島やへき地校勤務など、時間や場所に制約がある先生方が自宅で講義の受講から試験まで完結できるようになりました。
平成28年度は必修1講習、選択必修2講習、選択7講習の計10講習を学研教育みらいと共同で制作し、開講しています。

 


▲夏季に開催している「教育工学研修中央セミナ
(IMETSフォーラム)」では、
毎年全国から400名近い参加者を迎え、
非常に高い評価をいただきました


▲幼児教育実践講座のようす
(教員免許状更新講習)
タオル遊びとパネルシアターを取り上げています

   

日本モンテッソーリ教育綜合研究所

日本モンテッソーリ教育綜合研究所は昭和51年設立。モンテッソーリ教育法の研究と、その成果を広く日本の教育へ役立てることを目的として活動しています。ひとりひとりの子どもの発達と自立を目指す教育方法は、現代にあってますます重要性が増しているものです。主な活動は、1教師養成通信教育(モンテッソーリ教師の養成) 2実践研修室(一般向け講座開講) 3附属『子どもの家』(幼児教育施設の運営)などを行っています。


▲通信教育受講生のスクーリング風景


▲「子どもの家」では、2歳半から6歳の
子どもたちが、縦割りクラスで主体的に
活動するモンテッソーリ教育を実践しています

このページのトップにもどる

前の記事

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被災地の皆様の安全と、一日も早い復興を、学研グループ一同、心よりお祈り申し上げますとともに、復興のためのご支援を引き続き、行ってまいります。【学研グループの取り組み】 東日本大震災復興支援学研グループの取り組み 熊本震災復興支援学研グループの取り組み

学研グループについて

  • 商品・サービスはこちら
  • 学研グループについて
  • ただいまの株価 YAHOO! FINANCE
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 関連ページ
  • グループ理念
  • グループ事業紹介
  • 学研グループのCSR